多焦点ReSTORレンズの移植|アイ・コンサルタンツ・オブ・ペンシルバニア(ペンシルバニア州リーディング市

透明水晶体摘出術、多焦点レンズ移植術とは?

クリアレンズ摘出・多焦点ReSTORレンズ移植とは?

クリアレンズ抽出は、遠近両用メガネや老眼鏡への依存度を下げたい方に最適なオプションです。

私たちの目は、40歳を過ぎたあたりから、近くのものにはっきりとピントを合わせる機能が低下してきます。これを老眼といいます。残念ながら、この自然に起こる現象は、60歳まで悪化し続けます。老眼鏡、遠近両用レンズ、累進屈折力レンズ、三重焦点レンズなどの治療法があります。老眼はレンズに関連した現象であり、角膜の形を変えても影響されないため、遠用メガネへの依存度を減らすレーザー視力矯正でさえ、最終的に老眼鏡が必要になることには影響しません。

クリアレンズ摘出術は、生涯にわたって老眼鏡をかけ続けることになるであろう事態に、安全に介入する機会を提供します。この痛みのない手術では、あなたの目の中にある自然のレンズが、小さな自封式の切開創から取り除かれます。ReSTOR眼内レンズは、医師によって慎重に眼球に挿入され、広げられ、適切に配置されます。ReSTORは多焦点レンズで、老眼鏡に頼ることなく、遠方、中間、近方の良好な視力を提供する可能性を持っています。

クリアレンズ抽出とReSTOR移植の理想的な候補は、以下の通りです。

  • レーザー視力矯正ができないほどの遠視の方
  • 遠用・近用レンズへの依存度が低いレーザー視力矯正を希望される方

クリアレンズ抽出の評価は、レーザー視力矯正の評価と非常によく似ていますが、手術方法は異なります。レーシックとPRKは角膜(目の外側)に対して行われますが、水晶体摘出術は目の内側で手術を行います。一度に手術されるのは片目だけで、2つの手術は通常、数週間ごとに行われます。あなたが水晶体摘出術の候補者である場合、担当医は現実的な期待値の概要を説明し、手術のリスク、利点、代替案について徹底的に検討します。

アルコンReSTORレンズ(左)は、遠近両用メガネや老眼鏡への依存度を減らしたい方のための代替品です。水晶体を取り除いてから眼内に挿入し、遠・中・近距離で良好な矯正なし視力を得ることができる場合が多い。

医師を探す

教育、研修、診療場所などの医師情報。

予約を取る

800-762-7132に電話するか、オンラインでご予約ください。