レーザーアイサージェリーに関するよくある質問|Eye Consultants of Pennsylvania

レーザーアイサージェリーに関するよくある質問

レーザー眼科手術の技術の劇的な進歩により、メガネやコンタクトレンズへの依存度を減らすことが可能になりました。Eye Consultants of Pennsylvaniaのチームが、最も技術的に進んだオプションであるBladeless Custom LASIK、別名「オールレーザー」レーシックについて、よくある質問にお答えします。

当院のレーシック手術の専門家であるアダム J. アルトマン医学博士ジョナサン D. プリマック医学博士ケビン J. シャー医学博士は、合わせて50年のレーシック経験を持ち、理事会認定およびフェローシップトレーニングを受けた角膜専門医です。これは、角膜の病気とケアのすべての側面において、高度なトレーニングを受けていることを意味し、最高水準のケアを提供することができます。

ブレードレスカスタムレーシックの利点は何ですか?

レーシックは世界で最も人気のある選択的手術の一つで、世界中で約3,000万件のレーシック手術が実施されています。最先端のブレードレスカスタムレーシックは、最も技術的に進歩し、最も安全な方法で手術を行うことができます。

ブレードレスカスタムレーシックは非常に精密で、縫合や包帯を必要とせず、合併症のリスクも非常に低く、視力はほとんどすぐに改善されます。90%以上の患者様が、術後20/20~20/40の視力を享受し、視力回復を喜ばれています。

手術中はどうなっているのですか?

外科医は、麻酔点眼薬で目を麻痺させます。フェムトセカンドレーザーを使って角膜に薄いフラップを作ります。その後、フラップを折り返し、エキシマレーザーの冷たいレーザー光線を使って角膜組織の形を整えます。これにより、角膜が網膜に光を集める能力が向上し、視力の欠点が改善されます。その後、角膜フラップを正しい位置に戻し、手術は完了します。

レーシックの手術は痛いですか?

目の手術を受けることに不安を感じるかもしれませんが、大多数の方が手術中も手術後も全く不快感を感じないと報告されていることを嬉しく思います。15分から30分の手術の間に少し圧力を感じる患者さんもいますが、痛みは全くありません。一部の患者様には、視界のかすみやぼやけ、乾燥、まぶしさ、光に対する過敏さなどの副作用が生じることがあります。これらの症状は通常1~2ヶ月で消失しますが、中にはもっと長い期間症状が続く方もいます。

誰でもレーシック手術が受けられるのか?

Dr. Altman、Primack、Shahは、レーシックを受ける患者さんを厳選し、候補者を広範囲に渡って診察し、その目標と期待について話し合います。もしあなたが18歳以上で、過去に目の手術を受けておらず、目の病気(緑内障や白内障など)と診断されたことがなければ、レーシック手術の良い候補者になるかもしれませんが、この手術はすべての人に適しているわけではありません。

PRK(Photorefractive Keratectomy)はレーシックに似ていますが、フラップを切らずに角膜の表面を整形する方法です。角膜組織が薄い、角膜が平ら、角膜に凹凸がある、傷があるなどの理由でレーシックに適していない患者にとって、最も安全で効果的な選択肢となることが多い。

Eye Consultants of Pennsylvaniaの専門家は、レーシック眼科手術の最高の技術について経験があり、どんな質問にも喜んでお答えします。レーシックの無料診断をお受けになるには、今すぐご連絡ください。当院はペンシルバニア州のブランドン、レバノン、ポッツタウン、ポッツビル、ワイオミシングの5ヶ所にあり、とても便利です。

医師を探す

教育、研修、診療場所などの医師情報。

予約を取る

800-762-7132に電話するか、オンラインでご予約ください。